スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンロップサーキットステーション

はーい。こん○○は!!

今回のブログは走行会レポートです。
11月8日(木)に岡山国際サーキットで行われたダンロップサーキットステーションに参加してきました。

参加メンバーは、
私がデモ車のGSX-R1000K7、あとお客様のO氏が新型HAYABUSA1300K8で早くもサーキット走行(スゴイ!)
そして、お得意先のLuckyさんから店長がTZR250Rとお客様がTZR250Rで参加。
20071114192047.jpg

20071114192055.jpg


私とO氏はフリー走行に参加(15分×2・30分×1)
Luckyさんの店長とお客様は先導車付体験走行(15分×2)に参加です。

いつもはレースにメカとして参加していますが走る側としては4年以上ぶりのサーキットとなります。
もう、ツナギはサイズ直さなきゃ着れなかったりで準備も大変だったわけですが、当日は天候にも恵まれ今の時期としては最高のサーキット日和でした。

5時半に集合し8時ごろにサーキット入りしました。
いつもタイヤでお世話になっている三木商店さんのスタッフの方がピットを押さえていてくれたのでかなり贅沢にスペースを使わせていただきました。感謝感謝。

さて、車からバイクを降ろして走行準備です。
エンジンオイルもブレーキオイルもなーんにも変えていないし整備もしていない(時間なかったんです;;)のでせっせと作業します。
エンジンオイル交換(WAKOS WR30S)・ブレーキフルード交換(WAKOS SP-R)・チェーン調整・タイヤ空気圧調整・ブレーキパッド交換・各部点検
などの作業を仕事気分でこなして、受付→車検と終了。
ドライバーズミーティングで各ルールの説明後、元スズキワークスライダーで世界耐久チャンピオンの北川圭一さんから走行アドバイスがありました。
周りの目もあるので普通にしてましたが、何を隠そう私は北川選手のファン(のつもり)です。
まぁ、別にイベント追っかけたりとかでもなく、レプリカヘルメットすら買ってないですけど・・・(^^;)
とにかく尊敬しているライダーです。
ミーティング後、ちょこっと北川選手を捕まえてタイヤ空気圧なんか聞いたりしました。
今回タイヤもすべてノーマル状態で、正直ノーマルタイヤがどの程度のものかも分かってなかったので、ここはスズキの関係で同じバイクのノーマルタイヤで何度も走行している北川選手に聞くのが間違いない。と思いましたので・・・決してただ話すきっかけが欲しかったとかそんな理由ではないです。ハイ。
ちなみに、お勧め空気圧は2.1kだそうです。

走行初っ端はまずフリー走行15分です。
いやー。走るまで緊張しましたね~。
なんかツナギを着てバイクにまたがったら身動き取れないのよね~。
ツナギもグローブもブーツも長い間使ってないから硬くて・・・

あたふたしているうちにコースイン。
HAYABUSAのO氏は先導付でまずは体慣らしらしいです。
約60台ほどがわらわらとコースイン20071114192558.jpg


久しぶりのコースの上。
えー・・・曲がり方も加速の仕方も減速も、テンバッちゃってなぁんにも分かりませんでした(笑)

1回目の走行の後、北川選手によるライティングレクチャーがあり、体験走行をはさみ2回目の走行。
20071114193216.jpg

今回はハヤブサO氏もフリー走行。
2周ほど走ったところでO氏の前に出てランデブー走行♪
なにせこのO氏、1ヶ月前には中型免許も持っていなかった初心者だったりします。4輪でのサーキット走行は経験豊富な方なのですがバイクはちょっと勝手が違うと思われるので少し先導する形で前を走りました。
しかし、なんだろねー・・・初心者らしからぬ走りをしてました(^^;)
20071114192925.jpg

2回目の走行は感覚も戻り始めて動きもだいぶん軽くなり、軽く汗をかきました。

それから2時間ほど開いて最後の3回目、30分走行です。
走り出すと、なんかスイッチが切れてしまったのかなかなか思うように走れません。周りは3回目ってことでペースも気合も明らかに上がっています。もう抜かれるのが怖くて(苦笑)

最初3~4周は後ろから来たら全部前に行ってもらって走りやすい場所を探しました。
後ろがクリアになったころいい感じで感覚も付いてきて自分なりのペースで楽しく走ることができました。
1回目・2回目に比べるとゆとりも出てきたのでいろいろ試したりできて久しぶりの割には結果的に収穫の多い走行会になりました。

仲間内にも転倒もなく皆それぞれ楽しんだようです。

僕自身以前から感じ思っていることですが、サーキットを走るとその後バイクが以前より小さく軽く感じたり、操作にゆとりが出たりします。
今回、ハヤブサのO氏もやはり同じことを言っていましたが、こういった感覚は街中でより安全にバイクに乗るためにとてもプラスになるように思います。
最近のスポーツバイクは高性能になり一瞬で乗り手の限界を超えてしまいます。
サーキット走行というと転倒などの恐怖感やまた装備などのコスト面、などなど、なかなか自分で走ってみるのはハードルは高く感じがちですが、実際、理性を持って走れば街中よりも数倍安全ですし、皮ツナギなどの装備品も安くてそれなり品が各ショップ店頭に並んでいたりします。
サーキットライセンス取得となると金額も手間もかかりますが、ショップや雑誌、今回のようなタイヤメーカーなどが開催している走行会に参加すればライセンスも必要ありませんし、興味のある方は是非そういう機会を利用してサーキットを自分のバイクで走ってみればきっとそれまで以上にバイクが楽しくなるんじゃないかと思います。

当店でもそういう機会は積極的にお客様にご紹介し参加をバックアップしていきます♪




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たにやん

Author:たにやん

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。