スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おさぼり?

仕事の合間にチラリと書いてみたり。

今日から11月です。
11月と言えば何でしょう?
そーです。5日が僕の誕生日なんです!!

早いもので今回で35th Anniversaryですわ~。
もう30も半ばを過ぎてこりゃ名実共に「おぢちゃん」なんかのぉ・・・orz
心はまだまだ少年やのにね。(^_^;

仕事のペースもやや落ち着いたので、今日はせっせと中古車の整備(製作?)をしています。
この中古車の整備ってのが意外と勉強になったりします。
いろんなバイクの弱いところ強いところなどの特徴がとてもよく分かるんですよ。
やっぱり買っていただいてすぐに不具合が出たりなんてカッコつかないので、徹底した点検と整備をするのです。
ん~。
せっかくやから、原付スクーターの場合の大まかな流れを説明しますね。

まず・・・

・中古車となるバイクの入庫

これは乗り換えの下取り車であったり、買取車であったりします。
フレームが曲がっていたりしている車両は、判明した時点でスクラップです。

・エンジンをかけてみます

ふけ上がり・異音の有無をチェック

・洗浄

外装を全部外してフレームの状態で高圧高温洗浄機を使用して徹底的に洗います。

・駆動系

クランクケースカバーを外してベルト等駆動系をチェック。
よほど新しい場合を除き、ベルト・ウェイトローラー・スライドピースは純正新品に交換します。
社外パーツが使われている場合も交換します。

・整備

プラグは絶対交換。その他問題となる箇所を修理していきます。

・試運転

一通り整備の終わったバイクは、必ず50Km以上試運転をします。
(僕の通勤や日常の足変わりとして)

・洗車

試運転の結果問題なければ外装などを綺麗に掃除して店頭に並べます。


こういった流れで1台の中古車が出来上がります。
1台当たり2日ほど整備にかかってるかな。
試運転を長くするのもミソです(笑
問題があれば出てくるし、その中古車のクセ的なものも把握できます。

仕上がりとしては時間がかかりすぎてますが、ありがたいことにお買い上げ後のクレームは今まで殆どありません。
まぁ、エンジンの中まで見ている訳ではないので新車のようにはいきませんけどね(^_^;

あと良くお客様に質問される走行距離については、コレばっかりはなんとも言えないのが現状です。
特に50ccのスクーターの距離計は大抵が千の位までしかないので、1万キロを超えるともう1万なんだか2万なんだか3万なんだか分からないんですよね。
それでも大体のバイクは整備していれば痛み具合で検討はつきますが、ただ以前のオーナーさんが中古車で購入されていた場合など、距離が改ざんされていたり、エンジンが載せ替えられていたりと、一筋縄でいかないことも少なくないです。

このようにまぁ一言で中古車と言ってもホンマにいろいろあって驚かされることもありますが、買っていただく方に少しでも喜んでいただけるよう手間と愛情(笑)をそそいで整備させていただいています。

乗り物と新しいオーナー様、どちらにとって良い出会いでありますようにと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たにやん

Author:たにやん

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。