スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧車

先月になるんですが、1986年式のスズキGSX-R750と言うバイクが修理で入ってきました。

ユーザーは初めての方で、近所に住む学生の男の子20歳。
そう、バイクも20歳、オーナーも20歳なんです。

なんかねぇ、カッコイイなぁ~って思いましたね!!

なんでも話を聞くとお父さんが新車で買ったバイクだというので、更にカッコイイ!!

今回は転倒してしまって外装にそれなりのダメージを負ったのと、エンジン不調を起こしているのでその修理をして欲しいと言うことでした。
バイクの状態は、おそらく今回の転倒がなければ外装はとて綺麗な程度のイイバイクです。

見積もりを出し、ユーザー様と相談した結果、外装関係はさすがに製造終了しているだろうと言うことと、予算の関係もあり機能部分のみを修理することとなりました。

しかし、さすがにこの年式ですからパーツもなかなか入って来なくて2日前にやっと納めることが出来たのですが、そのときに取りに来たユーザー様がとても嬉しそうだったのでこっちまで幸せな気分になりました。

僕の世代にしてみれば、現役で走っている頃をリアルタイムで知ってるだけに思い入れや懐かしさもあるバイクですが、現代のレーサーレプリカと比べると見た目や機能面での古さは感じてしまいます。
そんなバイクをとても楽そうにそして嬉しそうに二十歳の子が乗っているのを見るとなんか嬉しいですね。

お客様を見て仕事に差を付ける事なんてしませんが、こういうユーザーさんを見ると自然と修理にも気合いが入ってしまいます。

彼が帰り際に
「お金を貯めて、今度は外装を修理に持ってきます」
と言っていました。

このバイクは幸せだな。

この仕事をやっていて、一番嬉しい時ってこんな時です。

時代錯誤しそう

プロフィール

たにやん

Author:たにやん

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。